当院の足関節捻挫に対してのコンセプト(一例の予定表)

当院の足関節捻挫に対しての治療及びリハビリ治療のコンセプトは

①早期治療(RICE処置、物理療法、MPF療法)にて患部周辺の腫れを引かすこと

②早期運動(Hogrel、集団体操、自主リハビリ指導)にて血液循環改善を促進

③痛みの原因となっている筋硬結への処置

④痛みが再発しないように更なる運動(ピラティスなどの全身運動)となっております

主治医や担当セラピストがお身体の状態や時期別状態(アクティブ運動、荷重時期、バランス運動時期)を確認しながら進めてまいります。