川平法(促通反復療法)実技研修⑧

こんにちは。クリニック統括部長の松岡です。促通反復療法実技研修も残りわずかです。最近では、外部より遠方から参加される方もおられますます千葉県川平法研究会ともども盛り上がっていきたいです。本日の講師はクリニック外来の高月亮PTになります。内容は促通反復療法と電気刺激、振動刺激の併用療法になります。電気刺激を行うことで、促通反復療法にて狙いたい神経路に興奮を与えてより操作や声かけにて指定しやすくなります。電気治療1

受講生からも電気併用していると動かしやすいなどビックリされてました。

振動刺激は主に筋緊張の抑制のために使用します。促通反復を行う前や実施中に緊張が高まったりする際に緊張している筋に対して数分当ててあげるだけで抑制されます。従来は私自信も筋緊張によってリハビリや日常生活動作を阻害していたので緩めるリハビリばかりを行っていて本来獲得したい動作への訓練量がままならないことが多かったです。いろんな物を併用して検証し、効率をあげて患者様の大切な身体と時間を無駄にしないようにしていきたいです。

残りの時間は前回同様、動画で確認しながらフィードバックをおこなっていきました。

今後とも、らいおんグループをどうぞよろしくお願いいたします。