右足首を捻挫して歩くのがつらい方について②

こんにちは!MPF部門ブログ担当の越野涼太と中水教貴です。

前回、歩いていた時に細かい段差があり、
その段差に引っかかって足首を捻挫してしまった方について書かせて頂きました。
来院時右手にT字杖を持っていましたが、
右足首を痛めてすぐに冷やしたとのことで腫れや熱感、むくみなどが少ないという状態でした。

経過を書いていくと・・・

1日目:右手に杖を持って来院。体重が右足にかけづらいため左側に重心が乗っている状態。歩く動作がやや不安定で左右に動揺がある(VAS4程度)。

2日目:右足首の痛みがほとんど治まり(VAS1~2)、歩いている際も負担が減ったが左のふくらはぎと腰に負担がかかって痛みが出る(VAS4程度)。

3日目:右足首だけでなく、左のふくらはぎ、腰の痛みもほとんど治まった(VAS1~2)。歩く際の左右への動揺も見られない。

1週間:長距離の歩行(1時間以上)でもふくらはぎに張りを感じる程度で痛みが強くなるという事はないが、右足首周囲に少し重さが残る。

2週間:右足首、左ふくらはぎ、腰の痛みがほとんど消え(VAS1以下)、歩く動作がスムーズになった。

階段昇降での痛みもない。

VASとは痛みの度合いで、痛みがないのを0、痛みが強く我慢できないのを10とするとどのくらい痛みがあるかということを問診で確認します。

 

この方の痛みの原因の筋肉はどこだったのかというと・・・次回お楽しみに(*^。^*)