ロボットスーツHAL

HAL(Hybrid Assistive Limb)とは

世界初※のサイボーグ型ロボットHALは脚に障害を持つ方や、脚力が弱くなった方の、脚力・歩行機能をサポートし、歩くことのすばらしさを実感していただくことを願って誕生した画期的な自立動作支援ロボットです。
※ WIPO(世界知的所有権機関)にて、本国際特許はNotable Inventionに認定されました。

人が動こうとするとき体内の神経を通じて、脳から筋肉へ伝達されます。そのときに発生する生体電位信号を筋肉に取り付けたセンサーから検出し、ロボットを通じてパワーアシストとして介助する仕組みになっております。

対象者

脳血管障害、脊髄性疾患、先天性ミオパチー(筋ジストロフィー)、パーキンソン病、廃用性疾患、整形疾患で下肢筋力低下にて歩行困難な方など

リハビリプログラム

HALを使用しての、脚の曲げ伸ばしによる筋力訓練、立ち上がり訓練、歩行訓練、階段昇降訓練
脚の筋力向上による歩行時の振り出し支持性の改善、歩容、バランスなどの改善により日常生活における立ち上がりなどの動作の向上が図ります

HAL装着

  • 立ち上がり訓練
    立ち上がり訓練
  • 立ち上がりから歩行へ
    立ち上がりから歩行へ
  • 歩行訓練
    歩行訓練
  • 階段昇降訓練
    階段昇降訓練

HALの特徴

HALを装着してリハビリを行うことにより、弱くなった筋肉の働きを最大限に引き出し、関節の動きを出していく為、普段使っていない筋肉を使う事ができます。また、人によってはHALに慣れるのに時間がかかるため、疲れやすく筋肉痛になる可能性があります。

重心の位置、どこの筋肉が働きにくいのか、どうすれば働きやすくなるのかが視覚で確認することができます。また、継続して行う事でどのくらい筋肉が働きやすくなったのかも確認することが出来ます。

HAL装着後でも動作がイメージしやすいが、ずっと持続するものではく、HALで行った動きを何度も繰り返し練習することによって初めて体に身に付いてきます。HALを行ったからすぐによくなるという訳ではなく、自主トレや運動療法を行うことにより、一つ一つの動作を覚えていくため段階を踏んで治療を進めていきます。

HALを慣れる為にも、まずは2回/週のリハビリを3か月間行うことがおススメです。3か月後は身体の変化をみて、継続して行って行くのか、ホームエクササイズで症状をコントロールしていくのかを検討していきます。

※当クリニックでHALを行っている方の主な疾患
脊椎損傷 脳血管障害 脊髄小脳変性症 パーキンソン病 広範囲脊柱管狭窄症 等

※見学や体験も随時行っております。担当の小島までお気軽にお問い合わせ下さい。