らいおんハート内科整形外科リハビリクリニックは日曜日診療を開始して今年で13年目になります。 これからも地域(市川、浦安、船橋、江戸川など)の方々の支えになれるよう、当クリニックでは日曜日診療を継続してまいります。

当院の日曜日外来の5つの強み

  1. 年間1,000人以上のスポーツ障害、急性外傷の治療実績による確かな技術
  2. 急性外傷に対しての早期適切処置による後遺症へのリスクを最小限に抑える
  3. スポーツDrによる診察と理学療法士との連携にて競技復帰までのビジョンの明確化
  4. 近隣の高校の部活動や甲子園でのトレーナー帯同経験による選手の悩みにジャストフィット対応
  5. 近隣病院と連携をはかり、術後のリハビリフォローや検査依頼の紹介などスムーズ

どんな症状、疾患の方の診察をしてもらえるの?

急性外傷・スポーツ外傷

  • 骨折、脱臼
  • 肘内障
  • 捻挫、靭帯損傷
  • 打撲
  • 挫傷
  • 突き指
  • 肉離れ
  • 腱板断裂
  • テニス肘
  • 末梢神経損傷
  • ギックリ腰
  • 寝違え

慢性疾患・スポーツ障

  • 腰椎椎間板症
  • 頸椎椎間板症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 変形性膝関節
  • 坐骨神経痛
  • 肩関節周囲炎(五十肩)
  • 腱鞘炎、バネ指
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 膝内障
  • 胸郭出口症候群
  • 腰椎分離症
  • 野球肩、肘
  • テニス、ゴルフ肘

例えばこんなシーン

  • 早朝の草野球にてボールを足にぶつけた。骨が折れていないか診てもらいたい。
  • 転んで肩をぶつけてしまって、肩が挙がらない。
  • おばあちゃんが朝,尻もちをついた。いつも診てもらっているところが休日でやってない。
  • 今朝起きた時に腰がギクッとなった。明日、大事な仕事が入っているので何とかしたい。
  • サッカーでジャンプ後,着地した際に膝に鋭い痛みが走った。
  • 今まで腰痛を我慢していて平日病院に行けなかったが、日曜日定期的に通院して治したい

当院は何らかの原因がある外傷やオーバーワークによる筋筋膜性疼痛障害などあらゆる痛みや症状に対応しております。是非その痛みやお困りごと当院にお任せください。
他院から紹介の方は必ず紹介状(診療情報提供書)をお持ちください。

どんな診察・検査をしてもらえるの?

医師による

  • 視診、問診、触診
  • 理学療法検査法(補助的診断テスト)
  • レントゲン検査指示

→精密的検査が必要な場合は(MRI画像所見など)近隣の病院への検査依頼の紹介などスムーズに行っております。

また、ご希望によっては会社などに提出する診断書も作成いたしますので受付時または診察時にお伝えください。

どんな治療をしてもらえるの?

医師による

  • 脱臼や骨折に対しての整復
  • 骨折や脱臼、捻挫、靭帯損傷、急性腰痛(ぎっくり腰)に対しての固定(コルセット、シーネ、テーピング)
  • 肉離れに対してのテーピング、弾性包帯固定
  • 痛み止め(服薬、湿布)

また、一人一人ニーズが違うため、個別性を考慮した対応も行っております。

  • スポーツの大会に間に合わせたい。
  • 仕事にできる限り早く復帰したい。
  • 今回で二回目となる同一部位の症状になるので再発防止につとめたい。
  • 手術ではなくできる限り、まずは保存療法で何とかしたい。
  • なかなか忙しくて来院できない。自分で注意した方がよいアドバイスや体操を教えてほしい。

などに対して、動きの分析や筋肉に対しての治療を得意とする理学療法士や作業療法士が専門的な視点で治療介入、サポートさせていただいております。

理学療法士、作業療法士による

視診、問診、検査の実施
  • 怪我や痛みにつながった原因の確認(怪我した状況の確認、どんな姿勢や動きが普段多いか?などの確認)
  • 現在の動きの確認(痛みの出る動き、質感、可動域)
  • 痛みの場所や強さ、質感、出現時間、頻度などの確認
  • 現在の困ることの確認
  • いつまでに、どのくらいの状態にしていきたいか?などの要望の確認
最適なリハビリ治療を選択しニーズに合わせたゴールを目指していく(急性外傷からリハゴールまでの一例)
受傷当日~3日以内(安静期、痛みを出現する機会を制限)
  • アイシング、RICE指導、松葉杖指導、生活注意点指導
  • 微弱電流刺激治療(MCR)
  • 患部外のMPF治療
  • 特殊振動器具治療(希望の方のみ)
4日以降~1W以内(日常生活にて痛みのない範囲で実施)
  • MPF療法
  • 患部に対しての低周波(TENSモード)
  • 患部外筋肉のストレッチマシン
1W~2W以内(日常生活実施可能)
  • MPF療法
  • 患部に対しての低周波(TENSモード)
  • 全身の筋肉のストレッチマシン
2W~4W以内(運動再開5~6割程度)
  • MPF療法
  • 患部筋に対しての低周波(EMSモード)
  • 全身の筋肉のストレッチマシン
  • 一人一人の課題に対しての動きの反復練習(5~6割程度)
  • 再発予防に向けた動きの修正指導
4W~6W以内(運動7~8割程度実施可、組織修復再生期)
  • MPF療法
  • 患部筋に対しての低周波(EMSモード)
  • 全身の筋肉のストレッチマシン
  • 一人一人の課題に対しての動きの反復練習(7~8割)
  • 再発予防に向けた動きの修正指導
7W~10W(競技復帰)
  • MPF療法
  • 再発予防メニューへ移行(保険診療→自由診療へ)  ※希望者のみ

※一か月に一回、リハビリテーション総合実施計画書の作成を実施していおります。 また当院主催の定期的な運動セミナーや動きやエコー検診などに参加して再発予防につとめています。

その他でのよくあるご質問

初回の待ち時間はどのくらいかかるの?
当院では初診の方ならびに診察は予約制をとっておりません。その時の込み具合にはよりますが、受付スタッフ、医師、リハビリスタッフともに待ち時間への配慮や声掛け、スピード対応に努めております。おおよその目安として診察・処置のみですと40分前後、リハビリも処方も追加にて1時間前後となります。
2回目以降の待ち時間は?
診察のみは順番制、リハビリは予約制となります。予約時間の15分前と余裕をもってのご来院に ご協力お願いいたします。
今日、日曜日診療しているクリニックで検索して来院したため、今後診察時間には間に合わずリハビリを定期的に通えないがどうしたら良いか?
当院では月・火・金とリハビリ再診のみ19時まで診療を延長しております。また土日のみで通院して 頂いている方もいらっしゃいます。自主リハビリや自宅でできる体操もご指導させていただいております。 診療時間外でのリハビリとして、自費でのリハビリサービスも実施しておりますのでご希望の方は担当の理学療法士、作業療法士にお声掛けください。また、当院からお近くの病院へ紹介状を作成することも可能です(受付スタッフへお声掛けください)
怪我した直後なのに、リハビリしていいの?
お任せください。当院では怪我した時用のリハビリ治療もご用意しております。傷ついたり、損傷している筋肉や内出血部位に対して直接触り、痛みを悪化させてしまうことはないように努めておりますのでご安心ください。 痛みを出している傷や内出血している部分に対しては触れずに、①その周囲の筋肉を柔軟にして血流改善をはかり傷を修復するのに必要な栄養を送り込むこと、②痛みによって筋肉が緊張して硬くなっている部分(=カルシウム成分が集結している)を血流改善させることで周囲へ送ることができ、結果、二次的に筋肉を硬くする(筋硬結)する慢性的な後遺症を最小限に抑えることができます。
整形外科と整骨院の違いはなに?
整形外科は医師が骨、関節、筋肉、神経などの原因からくる運動器疾患や外傷を診断・治療します。診察による理学所見とレントゲン等の画像所見をもとに診断し、症状や病態に合わせて、投薬や注射、整復や固定、リハビリテーション、物理療法などで治療します。整骨院は柔道整復師が外傷に対して、マッサージや物理療法などの施術を行います。レントゲンなどの検査や薬や注射などの治療は行えません。当院では、診察にて原因を探し、一人一人合わせて薬、注射、リハビリテーションにて両方のことが行えることも強みの一つです。

問診票ダウンロード

※理学療法による痛みの緩和をご希望の方はリハビリ希望の『はい』に○をつけてください。

日曜日診療についてのお問い合わせ

らいおんハート内科整形外科リハビリクリニック
統括部長 作業療法士 松岡 公平
TEL:047-306-7778
お問い合わせフォーム

松岡先生