ちょっと珍しい!?訓練ご紹介!

こんばんは! 「訪問リハビリ」部門、広報担当の戸室深見です!(^^)!   本日は、訪問リハビリで行っている(少し珍しいかも!?)訓練の1つご紹介したいと思います!   失語症の訓練プログラムはさまざまあります。 その方の言語状態からプリントを作成して一緒に行ったり、宿題としてお渡ししていたりしています。     実は、この方はとある芸能人がとても好きで、ライブに行って「名前を呼んで応援したい!」 とのことで、訓練の中でもその芸能人の名前を言う訓練や、名前を書く訓練を始めることにしました。   始めた頃、名前を言う訓練では、フルネームで言う訓練をしていたのですが、ライブに行っても、愛称で呼ぶことの方が多いと思ったことや、ご本人が愛称の方が言いやすいということで、現在はそのように行っています。   言語訓練のイメージは、対面してカードや紙面を使って固い雰囲気の訓練の印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、 言語訓練のイメージ 自分の言語訓練を客観的にみると、固い雰囲気ではなく、どちらかというと患者様と笑い合いながら、楽しく訓練を行っている時間が多いような気がしています。   この方は、失語症の症状で、絵を見てそのものの名前を言うまでに「なんだったっけなぁ・・・・・」と時間がかかるのですが、この訓練でもそういった症状はみられます。   ですが、「かっこいいんだよぉ~」「昨日、テレビに出ていたんだよねぇ~!」   と楽しまれながら取り組んで下さっているご様子が毎週みられます^^     この方が、「ライブに行ってきたよ!名前を叫べたよ!!」と言ってくれるのが 今の私の楽しみです。   こういった訓練は、生活期のリハビリならではのプログラムと思ったので今回紹介させていただきました^^   次回も訪問ブログをお楽しみに★☆★