タグ別アーカイブ: MPF療法

H29.6.10 メディカルスポーツ部門活動報告


こんにちは!メディカルスポーツ部門の中村です!昨日の浦安市民陸上競技大会にて、当院から10名のスタッフが参加し、トレーナーブース治療体験ブースを設置させていただきました!今回の取り組みは当院にとっても初めてのことでしたが、とても充実した1日になりました!!

トレーナーブースでは、選手たちのコンディショニング応急処置を中心に行いました!

治療体験ブースでは、保護者の方々にも治療を体験していただき、普段の疲労を癒していただいたり、ご自身の身体の悪いところを知っていただくことを中心に行いました!

私たちの今回の目標は、100人にブースに来ていただくことでしたが、結果的には、2回来ていただいた方もおり、130-140人の方々に来ていただくことができました!!最初はトレーナーブースでは2台のベッドで行っておりましたが、最終的にはたくさんの方にきていただいたため、ベッドを5台に増設して行いました!とても嬉しい誤算でした!

来ていただいた方の声として「こんなに身体が硬くなっているとは思わなかった」「治療後は足がすごい上がりやすくなった」「このブースがあってよかった」「いい記録を出すことができた」「またやってほしい」といったことをいっていただくことができました!

私自身感じたこととしては、レース中やレース前後でのアクシデント(外傷、捻挫、肉離れなど)に対して、選手たちに来ていただき、早急に手当てが行えたことに、このブースを設置した意味があったなと強く感じることがありました。このような症状は、早急に手当てが出来るかどうかで治りも変わってきます。選手の将来を考え、助言をすることもトレーナーとして大事な役割だなと改めて感じることができました。実際に選手たちからも、トレーナーブースがあってよかったという声をいただくことができました!しかし、足をひきづる選手たちに対して、動員をかけられなかった点は、次回への反省点だと思いました。

今回の経験はとても貴重な経験になりました!次回以降も当院にてブースを出させていただくことになりましたので、さらにレベルアップし、貢献していきたいと思います!選手たちや先生方からの信頼度や認知度を高めていき、大会に必要不可欠なブースとなるように作り上げていきたいと思います!!

今回ご協力して頂いた方々に感謝するとともに、引き続き期待に応えられるよう、精一杯取り組んで参りたいと思います。

 

らいおんハート整形外科リハビリクリニック メディカルスポーツ部門

担当:中村(理学療法士)、岩嵜(理学療法士)

らいおん新人教育 中盤戦 ⑥

こんにちは。クリニック統括部長の松岡です。本日はMPF療法にて効果に差が出る運動検査法の時間です。原因となる可能性のある筋肉に対して動きを出していき特定していく検査法です。この検査法を身につけられるといろんな角度から筋肉に対してアプローチが可能となるので治療の幅や深みが増してきます。


本日は当院の技師長、中水より指導を行いました。新人スタッフは一人一人の癖や収縮時の筋肉の盛り上がりの違いなど丁寧に指導を受けていました。

「MPF療法」=「感じる治療」のため触って体感することが何よりも大事になってきます。これからもどんどん確かな技術(評価・治療)を習得すべく邁進しています。

らいおん新人教育スタ-ト①

こんにちは、クリニック統括部長の松岡です。待ちにまったリハビリ新人スタッフ20名が先週より当院に入職することになりました。先輩スタッフも熱のはいった指導で3Fリハビリ室は活気に満ち溢れています。
当院は技術力と人間力両方をしっかりと育てることを大事にしています。真心こめて本日も筋肉の一個一個の触りわけにこだわりもって指導しています。いち早く育てて皆様にリハビリできる出会いにつながるよう精進していきます。

これからもらいおんハ-ト整形外科クリニックリハビリスタッフ一同よろしくお願いいたします。