タグ別アーカイブ: MPF療法

メディカルスポーツ部門 活動報告

メディカルスポーツ部門、市川昴高校硬式野球部トレーナーの中村です!

市川昴高校での活動についてお伝えします!

まずは、春季大会ですが、地区予選を突破し、創立以来初の県大会出場を決めました!大会前の3月末、捻挫や脱臼、挫傷などケガが相次ぎました。そこで、緊急にケガに対するアンケートを実施し、一人一人がこのケガの多い状況をどう考えるのか、またどう防いでいくのかということを考えてもらいました。それについてアドバイスをすることで、ケガへの意識を高め、予防するために必要なことを再度徹底していきました。ケガをしてしまった選手は当院でMPFマイオセラピー、運動療法などのリハビリを行い、痛みはある中でも、脱臼してしまった選手を除いては、大会に出場することができました。その中でのシード校に対して完封勝利!県大会でも1つ勝ってベスト32!過去最高の成績を残すことができました。

夏の大会に向けて、痛みを抱える選手が多い状況ではありましたが、選手個人のデータを基に、コンディショニングやリハビリ等で管理を徹底し、夏の大会は全選手が出場できるコンディショニングにまで回復しました!特に脱臼をしてしまった選手ですが、通常のプロトコールよりも早い、約2ヶ月半での実戦復帰を果たし、最後の夏の大会に出場することができました!
夏の成績ですが、今回もベスト32。2年連続、そして2季連続のベスト32はとても素晴らしい成績でした!
また、夏に向けては、脱水や熱中症にかからないことに加え、パフォーマンスを維持するための水分補給の仕方についても指導させていただき、1人1人気を付けて行っていただけていたことにより、試合中の熱中症や脱水、足をつるなどのことは起こりませんでした!

約1年、サポートさせていただいた3年生からは、自分自身も多くのことを学びました。コンディショニングに留まらず、今回からはトレーニング指導もさせていただき、選手1人1人のデータに基づいた関わり方ができたと思います。ケガによる離脱を出してしまったことは悔やまれますが、最後の夏、全員揃って大会に臨むことができ、とても嬉しく思います。

去年に続き、また素晴らしい成績を残してくれたこと、嬉しく思います。
3年生、ありがとうございました!お疲れ様でした!
1.2年生は3年生に負けないようにがんばってもらえたらと思います。
自分自身も、今回はケガによる長期離脱を防げるよう、いろんな方面からサポートさせていただきたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します!

※トレーナー活動およびトレーナーブースの設置、スポーツリハビリやコンディショニング等、当院メディカルスポーツ部門についてのお問い合わせは下記メールアドレス、中村までお願い致します。

mail:lion.medicalsports@gmail.com

URL:http://lion-clinic.com/rehabilitation_medical/sports/

らいおんハート整形外科リハビリクリニック
メディカルスポーツ部門
理学療法士 中村勇人

痛みや痺れ症状への治療結果の見える化へ

痛みや痺れ症状にお困りの患者様へ

当院では年間約8000人の筋筋膜性疼痛の患者様の治療に当たらせていただいております。一言で痛みにお困りな方がほとんどですが、訴えは一人一人様々です。痛みの部位、度合い、質、発生時間帯、発生頻度、動きによる再現痛など明確に訴えられる患者様もいらっしゃれば

・痺れや痛みの程度を聞かれるけど表現しにくい

・良くなっているのか?現状維持なのか?悪くなっているのかが曖昧

・診察室では痛みが出ないけど普段のふとしたときに出現する

などなかなか具現化できなく困っていられる患者様も多くいられます。当院ではそんな患者様に対してCPT検査(神経選択的末梢検査) を勧めさせていただいております。3つの異なる神経線維に対して微細な三段階の刺激を入れていき、程度を測ります。普段のリハビリ治療(MPF療法)や投薬治療の効果判定にもつながります。希望のある患者様は一度、整形外科受診にてご相談ください。

CPT検査チラシ

物理療法セミナー(急性外傷)

こんにちは。クリニック統括部長の松岡です。本日は急性外傷の患者様に対して、リハビリと物理療法を併用しながら浮腫の緩和、治癒促進と痛みの緩和、動きの改善、パフォーマンスUPにつなげていく上で、伊藤超短波の方に初期対応方法などをアドバイスいただきました。

これから夏にかけて部活動の選手などのケガなどが増えてくる時期です。少しでも早く現場復帰できるようお手伝いできればとスタッフ一同、創意工夫をねりながら皆様に最適な治療を提供できるように日々努力してまいります。

メディカルスポーツ部門活動報告 市川昴高校

こんにちは!メディカルスポーツ部門の中村です。

今日は市川昴高校硬式野球部の春季大会に帯同してきました!

試合前のコンディショニングから試合後の処置やコンディショニングまで行いました!

死球や交錯等ありましたが、大きなケガもなく終了することができました!

結果としては、9-2で勝利しました!!2回戦は14日の第3試合です!次も勝てるよう、サポートできればと思います!

市川昴高校硬式野球部のみなさん、お疲れ様でした!1回戦突破おめでとうございます!2回戦も勝って、県大会出場を決めましょう!!

らいおんハート整形外科リハビリクリニック メディカルスポーツ部門

理学療法士 中村勇人

H30.新人研修スタート

こんにちは。クリニック統括部長の松岡です。H30.4月2日(月)より新人スタッフが入職しました。新人研修にて、クリニック、デイケア、デイサ-ビス、ショ-トステイ、児童デイとそれぞれの場所にて現場研修を実施しました。『スタッフが一人一人に対しての対応の仕方を少しずつ変えているのがみえて勉強になった。』『利用者様がここに来ていて楽しく過ごせている。と聞き自分自身もそんな人になりたいと目標がみえてきた』など実際に現場を①目でみて、②耳と口で確認して③それを体感してみることは、今後、リハビリ業務で携わる我々としては問題解決をする上で大切な考え方になります。

また、夕方からは患者様対応、技術練習が行われました。今年はとくに患者様対応、一連の流れ、一つ一つの説明に力をいれていくことを重点的に取り組んでおります。リハビリ科長の高橋より今年は一個一個を丁寧にやりきることをテ-マにスタッフ一丸となって取り組んでおります。4月より院長含めらいおんハ-ト整形外科リハビリクリニックは新規一転となります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

浦安市民陸上競技大会での活動報告 メディカルスポーツ部門


こんにちは!メディカルスポーツ部門の中村です!

3/24に行われた浦安陸上競技大会でのトレーナー活動を行わさせていただきました!

スタッフ4名、学生ボランティア2名で実施させていただきました!

今回の活動としては、レース前後のケアや急性外傷に対する応急手当を行いました。

選手の皆様は、「軽くなって走りやすかった」「テーピングでこんなに変わるとは思わなかった」「自分の身体について知ることができた」などたくさんの感想をいただきました!!

私たちも、即時効果を出せるよう考えながら実施することで、学んだことや感じたことがありました。この経験は現場でも生かしていきたいと思います。

今大会では、急性外傷もみられました。対応としては、スムーズにできたと思いますが、もっともっとスムーズにできるよう、連携をとることであったり、技術や知識をもっとつけておくことが必要であると感じました。

また、今回は学生ボランティアも2名来てくださいました!その2名も、「スポーツでの活動にも興味を持てた」「選手のためになにが必要か考えながら行うことができた」などの感想をくださいました!私たちも、アドバイスさせていただくことで、また新たに感じれる部分もありました。今後はさらに、学生さんにも興味を持ってもらえるよう、いろいろな部分で企画していけたらと思います!!このような活動に興味のある医療系の学生さん、また募集をかけたいと思いますので、よろしくお願い致します!

今回また新たに学ぶこともたくさんあり、貴重な経験をさせていただきました!!

大会関係者の方々、学校関係者の方々、今回もありがとうございました!今後もお力になれるよう、取り組んでいきたいと思います!

らいおんハート整形外科リハビリクリニック
メディカルスポーツ部門 理学療法士 中村勇人

東京ベイ浦安シティーマラソンでの活動報告 メディカルスポーツ部門

こんにちは!
メディカルスポーツ部門の中村です!

2/4に行われた東京ベイ浦安シティーマラソンでのトレーナー活動を行わさせていただきました!

今回は、クリニックスタッフのみならず、整骨の先生方にも協力いただいて、18名のスタッフで活動を行いました。

活動としてはランナーの方々のゴール後に、足を中心としたケアを行いました!なんと今回は200名のランナーの方々がブースに来てくださりました!

ランナーの方々は、「軽くなってよかった」「身体のことを知れた」「楽になった」など、ありがたい感想をたくさんいただきました!!

私たちも、いつもより多くの方に来ていただいたことをとても嬉しく感じました。それと同時に、レース直後といった、普段現場では体験することのできないケースでしたので、それぞれがとても勉強になりました!!ランナーの皆様、スポーツを行っている方々が、ケガなく楽しく続けていけるよう、この経験を次回以降に生かしてサポートを行っていきたいと思います。

協会関係者の方々、ランナーの皆様、今回は貴重な経験をさせていただいてありがとうございました!!
協力していただいた先生方、ありがとうございました!!

らいおんハート整形外科リハビリクリニック
メディカルスポーツ部門 理学療法士 中村勇人

MPF療法をもっと詳しく知りたい方へ

当院も開院してから地域の皆様のおかげで約15年が経過しています。もっともっと地域で痛みに悩まれている方のお力になりたい想いです。スタッフ一人一人確かな技術を身につけて、痛みや地域のお困り事を解決できるよう精進していきますので何卒よろしくお願いいたします。

※初診の場合、現在水曜日がリハビリ指示診察のみの対応になります。受診の際はそれ以外の曜日で受診していただきますようご了承ください。

 

MPF療法とはどんな治療なのか?は詳しくはこちらをご覧ください↓

当院の足関節捻挫に対してのコンセプト(一例の予定表)

当院の足関節捻挫に対しての治療及びリハビリ治療のコンセプトは

①早期治療(RICE処置、物理療法、MPF療法)にて患部周辺の腫れを引かすこと

②早期運動(Hogrel、集団体操、自主リハビリ指導)にて血液循環改善を促進

③痛みの原因となっている筋硬結への処置

④痛みが再発しないように更なる運動(ピラティスなどの全身運動)となっております

主治医や担当セラピストがお身体の状態や時期別状態(アクティブ運動、荷重時期、バランス運動時期)を確認しながら進めてまいります。 

当院の膝痛に対してのコンセプト(一例の予定表)

当院の膝痛に対しての治療及びリハビリ治療のコンセプトは

①早期治療(MPF療法や物理療法)にて患部周辺の腫れを引かすこと

②早期運動(Hogrel、集団体操、自主リハビリ指導)にて血液循環改善を促進(筋ポンプ体操)

③痛みの原因となっている筋硬結への処置

④痛みが再発しないように更なる運動(ピラティスなどの全身運動)となっております

主治医や担当セラピストがお身体の状態や時期別状態(可動域、荷重負荷量)を確認しながら進めてまいります。