タグ別アーカイブ: 高校

H29.4.27-28 メディカルスポーツ部門活動報告


こんばんは!メディカルスポーツ部門の中村です!!

4.27-28と千葉県総合スポーツセンター陸上競技場で行われた、高校総体に帯同させていただきました!!1日目はあいにくの雨でしたが、2日目は晴天でした!

活動内容としては、レース前のストレッチ、テーピング、レース間のコンディショニングなどを行いました!複数種目に出場する選手は特にレース間のケアが大切でした!

大会ともなると、普段と異なる痛みが出現することもありました。幸いにもどのレースにもケガ出られない選手は居ませんでした!しかし、痛みにより1レース欠場する選手、1種目で途中棄権する選手を出してしまいました。この点が今後の課題となりました。

選手からは、「自分で通院しなくても、それ以上のことをしてくれるので助かってます」「テーピングやコンディショニングによって動きやすくなった」などの声をいただき、最後には「忙しいのに来てくれてありがとうございます」「次もお願いします」などありがたい言葉をかけてくださいました!!今後の励みになりますし、やっていてよかったなと思えました!!

ここ最近、選手たち自ら要望を言ってくれるようになってきました!自分がどうしたらいいのか、なにが必要なのか、それぞれの選手が少しずつですが、考えられてきたなと嬉しく思います!!しかし、選手たち自身にも課題が見えた大会と思います。その点に関して修正し、県大会にも取り組んでほしいです!!

今大会では、16人の選手が出場し、11人の選手(7種目)が県大会出場を決めました!選手たちの喜ぶ姿を見ると自分たちまで嬉しくなりました!!県大会でもよりよい結果を出せるように、引き続きサポートさせていただきたいと思います!!

選手の皆さん、お疲れ様でした!!県大会も頑張ってください!!

 

らいおんハート整形外科リハビリクリニック メディカルスポーツ部門
担当:中村(理学療法士)、岩㟢(理学療法士)

H29.4.20 メディカルスポーツ部門活動報告

こんばんは!メディカルスポーツ部門の中村です!

本日は、浦安高校陸上部にてトレーナー活動を行ってきました!!

総体も近いので、選手たちの士気も高まってきておりました!!

今回の活動としては、コンディショニングや動作確認が中心でした。

大会前ですが、ケガを抱える選手が多い状況です。1人でも多くの選手がベストパフォーマンスができるよう、サポートさせていただいています!今後の仕上がりに期待です!!

大会まで残り1週間。選手たちのために精一杯取り組んでいきたいと思います!!選手たちの応援もよろしくお願い致します!!

また、本日は新入部員も多く入っておりました。ケガをしてしまった選手もおり、テーピングやストレッチ、電気治療などでケアをさせていただきました。いまの状況でやっていいこととダメなことの線引きをしっかりすることが、今後のパフォーマンスにいい結果をもたらすと思います。今後もサポートを続けていきたいと思います!!

 

来週は高校総体に帯同させていただきます!1人でも多くの選手が1つでも大きな大会に出られるよう、精一杯サポートさせていただきたいと思います!!

 

らいおんハート整形外科リハビリクリニック メディカルスポーツ部門

担当:中村(理学療法士)、岩㟢(理学療法士)

H29.4.13 メディカルスポーツ部門活動報告

こんにちは!メディカルスポーツ部門の中村です。

浦安高校での活動報告をまとめてさせていただきます!

 

ここ最近の活動としましては、練習時のコンディショニング、ストレッチやトレーニングの指導、大会帯同を中心に行っています!!

大会では、ウォーミングアップやコンディショニングを行うことで、以前よりも身体が動かしやすくなったという選手からの意見も増えてきました!!なんと、前回の大会では、12種目中7種目で自己ベストを更新しました!!選手たちと関わってきてよかったなと思える結果を出してくれています!この調子で月末に控えている高校総体を迎えてほしいと思います!高校総体では、より素晴らしい結果を残し、1人でも多くの選手が、1つでも大きな大会に出場できるよう、私たちも精一杯関わらさせていただきます!!

 

また最近では、陸上部のみならず、女子バスケットボール部にも介入する機会をいただいております!女子バスケットボール部の目標である、県大会出場が達成できるように、こちらも精一杯関わらさせていただきたいと思います!

女子バスケットボール部では、コンディショニングやトレーニング指導、ストレッチ指導を中心に関わっております。特に腰や足のケガが多く、プレーに影響を及ぼす選手も居るため、介入しながら改善や再発防止に努めております。

最近では、ストレッチ指導が根付いてきたのか、選手同士でストレッチをする光景が見られています!このまま続けてほしいと思います!選手たちがやりたくなるような伝え方、方法を試行錯誤しながら、今後も取り組んでいきたいと思います!!

らいおんハート整形外科リハビリクリニック メディカルスポーツ部門

担当:中村(理学療法士)、岩㟢(理学療法士)