タグ別アーカイブ: らいおんハ-ト整形外科リハビリクリニック

市川初、総合支援事業スタート

こんにちは。クリニック統括部長の松岡です。10月より市川市初の単独型の総合支援事業がスタートしました。まだまだ地域の方々に知られていない事業ですので、らいおんが先頭立って皆様に情報をお伝えできればと思ってます。

事業の対象の方は65歳以上の方で、①要支援の方、②チェックリストで対象となった方になります。

まずは日常生活でふとした気付き「最近足がひっかかりやすい」 や家族から「歩くのが遅くなったんじゃない?」「足の上がりが悪くなったきがする。姿勢がまるまった」などまずは小さなことでも結構です。まずは相談会、体験会を実施(予約制)しておりますので一度、当院に『体力アップ相談会の予約』と電話にて予約していただき日頃のお身体に対してのお悩みをご相談ください。

体力低下、転倒予防に対しての相談会ポスター

H29、下半期らいおん底上げ研修⑥

こんにちは。クリニック統括部長の松岡です。

H29、10月10日(火)に底上げ研修を実施しました。今回の講師はクリニック外来の高月PTになります。臨床での類似症状や見逃しやすい症状に対しての所見の取り方、考えて方などを教えていただきました。(臨床ではなかなか判断のつきづらい坐骨神経痛と大腿神経痛の見極め方を指導してもらいました)

そして何よりも振り返りやわからないことがあれば解剖や運動学の教科書をみてイメージがつくまで納得がいくまで繰り返したことで力がついてきます。

患者様の大切な身体と時間を無駄にしないようにこれからもらいおんスタッフ一同技術の向上に努めていきます。

H29、下半期らいおん底上げ研修④

こんにちはクリニック統括部長の松岡です。9月12日に第4回目の底上げ研修実施しました。

今回はこの時期(季節の変わり目)に多い、急性腰痛(ぎっくり腰)に対してのMPF的な考え方から治療法、日常生活アドバイスに対しての対応を実践形式で行いました。講師は入佐(いりさ)PTです。

急性痛みに対しての処置(痛みの変化)はもちろんのこと、日常生活アドバイス(やってよいこと、やらないでもらいたいこと)をこの時期ははっきりと伝えることもセラピストとしては大事な仕事になってきます。いかに相手の身になって感じ、考えて、目や耳で確認して、提案できるように努めていきます。今後ともらいおんスタッフ一同よろしくお願いいたします。

ケアマネ向け、ボツリヌス療法説明会

こんにちはクリニック統括部長の松岡です。9月11日(月)にケアマネ向けのボツリヌス療法説明会を実施しました。

荒畦医師よりボツリヌス療法とは何か?、どんな効果があるのか?リハビリとの併用こそ意味があることなどを説明し、ケアマネの方々にも理解していただけたようです。

Reogo-jも体験していただき、『獲得したい目的動作にあった内容のメニューが選択できるので大変魅力的な機械だと思う』『ゲーム感覚でできるので飽きないで行えそう』など好反応でした。

今後ともボツリヌス療法を一人でも多くの方に知っていただき、一人一人の可能性が広がれば幸いです。

日本市民安全学会へ参加(H29.9.10)

こんにちは。クリニック統括部長の松岡です。9月10日(日)に日本市民安全学会とベイエリア連携の会の特別講習会が当院にて行われました。テーマは『超高齢社会の実態と現場見学』です。

当法人の三木猛夫理事より、『超高齢社会に対して、当法人としての対応や社会貢献』、松岡より『らいおんの脳卒中リハビリ及び自主リハや介護のワンポイントアドバイス』『Reogo-jの体験』を講演させていただきました。

また、最後に沼田理事より『らいおん押切ショ-トステイ』の紹介をさせていただきました。皆さん、毎日温泉、リハビリ、学校形式に対してのビックリされてました。

今後ともますます、より良いものを『こんなことできたらいいな』『あんなことがあったらいいな』に真摯に向き合って参りたいとおもいました。

H29年上半期、当院スタッフ川平先端リハラボ研修実績

H29年上半期

松岡公平(OT)が中上級講座(実技講習5日間)

荒畦実(医師)、松岡公平(OT)、永田直樹(PT)がナイトセミナー基礎クラスへ

入佐基明(PT)がナイトセミナー中、上級クラスに参加してきました。

鹿児島大学名誉教授川平和美先生より直接指導や困っている症例に対してアドバイスをいただき自己研磨に努めています。

 

H29.8月7日(月)ボツリヌス療法、ReoGo-Jケアマネ向けの説明会大盛況

こんにちは。クリニック統括部長の松岡です。H29、8月7日(月)13時~当院のセミナールームにて、近隣のケアマネ-ジャ-の方々へ当院で行っている『脳卒中リハビリ』のボトックス注射や最新の上肢訓練機器ReoGo-Jを知っていただくために説明会を行いました。

最初に当院のリハビリ医の荒畦よりボトックスの内容や効果そして質疑応答当グループの統括部長の両角より、当グループが実施している脳卒中のリハビリをタイプ別に説明し 最後に、ReoGo-Jの説明と体験を運用責任者の斎藤PTより行いました。 訓練機器からの『 声かけアナンウス』や『3Dでのリ-チ動作可能』な点に驚かれてました。

参加者様からの声として『ボツリヌス療法は効果があるとは聞いていたがなかなか近隣の病院でやられているところがないので聞けてよかったです。利用者様に紹介します』『楽しく訓練できてメニューも豊富でモチベーションが保てそう』『いろいろと組み合わせながら麻痺ふの改善をはかられていてものすごく勉強になりました』『あきらめない姿勢が凄い。さすがらいおんさん』など満足していただけたようです。

今後も、もっともっと地域の方々へ知っていただく機会を作っていきたいとおもいます。

夜間リハビリ再診(月・水・金18時~19時)

こんにちは、クリニック統括部長の松岡です。夜間リハビリ再診療がスタ-ト(月・水・金の18時~19時)して三ヶ月が経過してます。

「もう少し長く診療をしてほしい」「仕事帰りも来て早くよくしたい」「部活は休みたくない。でも怪我を早く治したい」そんな声にお応えして夜間リハビリ再診がスタ-トしました。

おかげさまで少しずつ認知されるようになり「今まで仕事で土日のみしか通院できなかったが平日リハビリ受けられるようになって痛みのコントロールがしやすくなった」「骨折して大会に間に合わないかも、ダメかと思ったが部活帰りに当院に続けて通えることで希望がみえてきてうれしい」など喜びの声もいただいております。

これからも、らいおんグル-プは皆様の声(こんなことができたらいいな。あんなことしてみたい)にこたえられるように真摯に向き合ってまいります。

地域初 上肢用訓練ロボット ReoGo-j導入

こんにちは。クリニック統括部長の松岡です。7月に入り連日猛暑が続いてますね。これからは、夏バテ、熱中症と続く季節です。体調には気をつけていきましょうね。

当院は今年、変化の年にしていこうと、リハビリの充実をはかるため、受付の移転をしたり、「最新のリハビリロボット機器」を導入したりとチャレンジしていきたいとおもってます。

その中での今回紹介したいのが、上肢機能訓練ロボットReoGo-jになります。

REOGO-Jのご案内

二次元、三次元の17種類訓練と患者様の動きの状態に合わせて5段階の訓練モ-ドを選択できます。『限られたリハビリの日数(セラピスト同席による個別リハビリ)』➕『ロボットを利用しての自主リハビリ』を行い一人一人のニーズにこたえていけるよう今後とも邁進してまいります。

興味のある方は一度、荒畦(あらうね)医師及び担当セラピストにご相談ください。