タグ別アーカイブ: らいおんハ-ト整形外科リハビリクリニック

らいおんリハビリ定期勉強会&症例検討会②

こんにちは。クリニック統括部長の松岡です。8月2日(木)に二回目の定期勉強会&症例検討会が行われました。

勉強会では理事の両角部長より『痛み』についてです。痛みの概念やいくつかの評価バッテリーを教えていただきました。一人一人の特性に対しての最適な評価方法は何か?を学ぶことが出来ました。

 

症例検討会では、二年目の本村PTより前回と引き続き、難病の方の症例紹介でした。タイプによる経過の特徴、易疲労性、病識とどう向きあっていくのかなどに悩みがあったようです。

らいおんでは若手から経験豊富なセラピストまでわけへだてなく総力戦で皆様の悩み、お困りごとに寄り添えるそんなクリニックを目指してます。

最後に臨床30年の両角部長より、一年目~三年目くらいのPT時代の貴重な話をいただきました。『目の前の患者様に対しての1日1日1㎜でもよくしていくんだとおもいで臨床にのぞんでいた』『一人一人に寄り添って具体的に~まで一緒に頑張っていきましょう』ともう一度、この気持ちに戻り一瞬一瞬を大切にしていきたいと思えた時間でした。

第四回ロボットセラピー体験会(Reogo-J)

こんにちは、クリニック統括部長の松岡です。

5月27日(日)に第四回ロボットセラピー体験会が行われました。Reogo-Jを体験してみて『おもしろい』『楽しみながらリハビリができる』『今まであきらめていた動きがロボットを通じてやれたのがうれしい』など今回も喜びの声を多数いただきました。

残すところロボットセラピー体験会も6月で一旦終了になります。是非一度、この機会に体感していただき新たな可能性を一緒に探してみませんか?

REOGO-Jチラシ-2

 

第四回ロボットセラピー体験会(ロボットスーツHAL)

こんにちは、クリニック統括部長の松岡です。

5月27日(日)に第四回ロボットセラピー体験会が行われました。今回も遠方よりお越しいただきました。

HALを体感してみて『足があがりやすい』『腹筋を使っているのがわかる』 『足の運びにてぶらぶらせずしっかり地についている感じが何年ぶりで嬉しかった』など、新たな発見、喜びに出会えたようでした。

6月をもって体験会も一旦終了となります。是非ともこの機会を逃さないように一度ご自身の身体で体感してみませんか?

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

MPF療法新メニュー(顎関節症用)考案会議

こんにちは。クリニック統括部長の松岡です。本日診療後に『さくら歯科口腔外科クリニック』との連携にて、顎関節症の患者様への運動器リハビリメニューの考案を行いました。

顎関節症の症状は『口が開けずらい』『食べ物を噛みにくい』『開口するたびにガクガクなる』『頭痛がおきやすい』といったように様々です。その原因も関節を構成するのに必要な筋肉であることが多いと言われています。これは、今回も一つ一つの筋肉の触り分けにこだわってきた我々の出番だと3月からプロジェクトを立ち上げて進めております。

今回は関連グループの技術部長の樋口先生にも技術指導をいただきました。早く顎関節症でお困りの皆様へ貢献できるようにこれからも研究してまいります。

近日中にはご案内できるようにしてまいります。いましばらくお待ちください。

H30.新人研修スタート

こんにちは。クリニック統括部長の松岡です。H30.4月2日(月)より新人スタッフが入職しました。新人研修にて、クリニック、デイケア、デイサ-ビス、ショ-トステイ、児童デイとそれぞれの場所にて現場研修を実施しました。『スタッフが一人一人に対しての対応の仕方を少しずつ変えているのがみえて勉強になった。』『利用者様がここに来ていて楽しく過ごせている。と聞き自分自身もそんな人になりたいと目標がみえてきた』など実際に現場を①目でみて、②耳と口で確認して③それを体感してみることは、今後、リハビリ業務で携わる我々としては問題解決をする上で大切な考え方になります。

また、夕方からは患者様対応、技術練習が行われました。今年はとくに患者様対応、一連の流れ、一つ一つの説明に力をいれていくことを重点的に取り組んでおります。リハビリ科長の高橋より今年は一個一個を丁寧にやりきることをテ-マにスタッフ一丸となって取り組んでおります。4月より院長含めらいおんハ-ト整形外科リハビリクリニックは新規一転となります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。