ロボットス-ツHAL 新メニュー考案ミ-ティング

こんにちは。クリニック統括部長の松岡です。

11月28日(火)にJR東京総合病院リハビリテ-ション科に伺わせていただきロボットス-ツHALの運用方法についてレクチャ-していただきました。

脳血管障害の患者様にはもちろんのこと、整形疾患やOPE後の患者様にも用いられていてあらゆる可能性を模索しながら活用されていることに大変感銘をうけました。

早速、クリニックに戻りスタッフ何人かに声をかけてメニューづくり、アイデアを出し合いました。普段何気なく感じていることなどを声に出すってホントに大事なこと改めて感じました。そこからかたちへと変化していくのはホントに時間を忘れるくらい楽しい時間でした。明日からも日々の感じることを大切にして、アイデアを声にだしかたちへと変えていけるようにしていきたいです。

お忙しい中、ご対応してくださった寺村先生はじめJR東京総合病院リハビリテ-ション科、HAL運用チ-ムの皆さまに感謝申し上げます。