最新型ロボットスーツHAL 第1弾

千葉県初の最新型HAL(自立支援用タイプ)導入決定!!

HAL新機体導入するにあたって再度、HALについてとその機能について簡潔にご紹介させて頂きます。

<HALとは?>
ロボットスーツHALとは、脳梗塞や脊髄損傷などにより脚に障害を持った方や脚力の弱くなった方の手助けをして歩行、立ち座りなどの動作のサポートする自立動作支援ロボットです。

<HALの機能>
身体を動かす時に脳から神経を通して筋肉へ信号が送られます。その信号を生体電位といい、HALはその生体電位信号を皮膚表面に装着した電極により検出し、コンピュータが解析、そのデータに応じて装着者の動作をアシストします。

<HAL新機体(自立支援用)とは?>
HAL旧機体(福祉用)の後継モデルとして誕生しました。欧州では先行販売され、医療機器レベルとしての安全性・信頼性を実現しました。

次回は新(自立支援)旧(福祉用)のHALの比較を詳しくご紹介します!!お楽しみに!