ボツリヌス療法

当院ではボトックス川平法(促通反復療法)を併用したボツリヌス療法を行なっています。

ボツリヌス療法とは?

ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌が作り出す天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)を成分とする薬(商品名:ボトックス)を筋肉内に注射する治療法です。ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があるため、注射した筋肉の緊張を和らげる効果があります。ボツリヌス菌そのものを注射するのではないため、ボツリヌス菌に感染する心配はありません。一般的に効果は通常3~4か月持続し、徐々に消失します。

適応病名

ボトックスの適応病名は、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸、上肢痙縮、下肢痙縮、2歳以上の小児脳性麻痺患者の下肢痙縮に伴う尖足、重度の原発性腋窩多汗症、斜視ですが、当院では上肢痙縮、下肢痙縮に対しての治療を行なっております。

ボツリヌス療法の効果

ボツリヌス療法によって次のような効果が期待できます。

  • ・手足の筋肉がやわらかくなり、動かしやすくなります。
  • ・関節が固まって動きにくくなるのを予防します。
  • ・関節が変形するのを予防します。
  • ・リハビリテーションが行いやすくなります。
  • ・痛みを和らげる効果が期待できます。
  • ・介護の負担が軽くなります。

ボツリヌス療法を行った後、リハビリテーションを組み合わせて継続して行うことで効果が期待されます。

ボツリヌス療法の副作用

1番多い副作用は注射を打った部分の疼痛や腫脹・発赤です。また、注射の効果が強く出過ぎると筋力低下が起こることもあります。詳しくは医師までご相談下さい。

ボツリヌス療法のスケジュール

まず初診でボツリヌス療法の適応があるかどうかを判断します。(初診の結果ではボツリヌス療法の適応とならないこともありますので、予め御了承下さい。)

初診で治療適応となりましたら、ボトックスの施注部位や施注量を評価して決定し、薬剤を発注します。次回受診時(約一週間後)にボトックスを注射します。ボトックス施注後よりリハビリも並行して開始となります。2日から1~2週間程度で効果が出現し、概ね3、4ヶ月は効果は持続します。効果が徐々に減弱してきたら、再度ボトックスの注射を行います。

ボツリヌス療法の費用

ボツリヌス療法には保険が適応されるので、治療費は1割から3割負担となります。ボトックスは比較的高価な薬剤ですので、詳細な金額につきましては受付までご相談下さい。