リハビリテーション(医療)

MPF療法(特殊ストレッチ)を中心とした治療のほか脳卒中リハビリテーションも行っています。

らいおんのリハビリテーション

当院では物理療法や運動療法などの通常のリハビリテーションのほか、特殊なマッサージ療法(MPF療法)を取り入れて、さまざまな身体の痛みや、脳卒中、ケガや手術後の後遺症などの疾患に対して多面的に治療を行なっております。それにより通常のリハビリテーションで良くならない場合でも、かなりの効果をあげることができるようになってきています。どのようなご病気をお持ちの方でもあきらめないでご相談下さい。

ご存知でしたか? 目的に合わせたリハビリテーション。

らいおんハート整形外科リハビリクリニックでは診察により患者様に最適なリハビリテーションの組み合わせを提供しております。
各リハビリテーションを説明致します。下記の各マークにカーソルを合わせてみて下さい。

MPF療法運動療法物理療法脳卒中リハビリテーション言語療法摂食・嚥下療法高次脳機能療法

  • MPF療法
  • 運動療法
  • 物理療法
  • 脳卒中リハビリテーション
  • 言語療法
  • 摂食・嚥下療法
  • 高次脳機能療法

言語療法

当院での言語療法では、失語症や構音障害等の症状のある方に対し、より良いコミュニケーションが取れるよう、言語聴覚士が専門的な支援を提供しております。

対象疾患:言語療法

失語症
失語症とは
脳血管疾患などにより、言語機能をつかさどっている脳の一部が損傷されるために生じます。思った言葉が出にくい、思っていることとは違う言葉が出る、相手の話が分からない、文字が読めない、書けない、などの症状が現れます。人と思うようにコミュニケーションが取りにくくなるため、自立した社会生活を送るのが困難な場合があります。
具体的なリハビリ内容
まずはご本人や家族からお話を伺い、検査を実施し、言語症状を詳細に把握します。その評価に基づき、その方の症状に合わせたリハビリを行います。言葉を話すリハビリ、言葉を聴くリハビリ、文字を書くリハビリなどです。また、残された機能を有効に使った、より良いコミュニケーション方法を提案します。
構音障害
構音障害とは
言葉を話すときに使う唇、舌、喉などの筋力が低下し、呂律が回らなくなったり、声が小さくなったりする
具体的なリハビリ内容
検査を実施し、症状の詳細を把握します。その結果と評価に基づき、それぞれの方の症状に合わせ、唇や舌や喉の筋力を鍛えるリハビリ、声量を上げるリハビリ、実際に言葉を発音するリハビリなどを行います。

言語療法について詳しい説明はコチラ

摂食・嚥下療法

当院の摂食・嚥下療法では、脳血管疾患の後遺症、パーキンソン病、加齢により、摂食・嚥下障害になった方(飲み込みの力が弱くなった方)に対し、言語聴覚士が専門的なサービスを提供します。

対象疾患:摂食・嚥下療法

摂食・嚥下障害とは
唇や舌や喉の筋力低下、嚥下反射の低下などにより飲み込みの力が弱くなり、むせたり、食べることが困難になったりする症状です。食欲が低下している方や、認知症により食物を食べなくなった方も含まれます。摂食・嚥下障害が生じると、食べ物が気管に入り(誤嚥)、肺炎や窒息をきたす危険性も生じます。また、脱水や栄養障害を招くこともあります。
具体的なリハビリ内容
  • 嚥下するために使う器官(喉、舌、口唇など)の筋力を上げるリハビリを行います。
  • 飲み込みの反射を起こしやすくするため口腔器官の感覚を高めます。
  • 口から食べていない方には、ゼリーなど食べられるものがあるか検討します。
  • 患者さまのお口と喉の状態に合わせて、ムセず安全に食べられる食物形態や姿勢の工夫をご提案します。

高次脳機能療法

脳血管疾患や脳挫傷などの後遺症により、高次脳機能障害になった方に対し、言語聴覚士が専門的なサービスを提供します。

対象疾患:高次脳機能療法

高次脳機能障害とは
脳血管疾患などの後遺症や加齢により、注意力、記憶力、集中力、計算力に困難をきたした症状を指します。この症状により、自立した日常生活を送ることが困難になる場合があります。
具体的なリハビリ内容
  • それぞれの力を回復させる課題を行います。
  • 日常生活をスムーズに過ごせる方法をご提案します。