ボツリヌス療法WEB講演会にて パート2

こんにちは。クリニック統括部長の松岡です。

12月5日(火)18時半~ グラクソ・スミスクライン株式会社主催にて帝京平成大学メディカル学部理学療法学科 教授 栢森 良二先生によるWEB講演会が実施されました。演題は『ボツリヌス治療を実施する上での留意点』についてでした。

上肢、下肢それぞれに対しての段階的治療目標と施注筋と目安とな施注単位数を症例の動画を通して解説していただきました。

WEBセミナー終了後に、当院の荒畦医師より、セラピストが日頃の臨床で困ったケ-スなどに対して質疑応答の時間を作ってくださいました。グループ関連施設のショ-トステイ、デイケア、デイサ-ビス、訪問それぞれの立場からの意見がでてとても実りのある会になりました。

事前説明とリハビリの大切さを改めて認識できた1日になりました。