第3回J-BATTERY seminarに参加してみて

H29、11月29日(水)東京都立荏原病院主催のJ-BATTERYseminarに当院のOT松岡とPT高月が参加させていただきました。

今回の内容は公開カンファレンスとボトックス施注部位と施注単位のディスカッションでした。実際に荏原病院さんで行っている流れを知れて大変勉強になりました。評価、二-ズ、PT・OTそれぞれからね希望施注部位と単位→施注部位と単位をより選定、振り分けしていく流れなど細かく指導していただき大変勉強になりました。

生活課題のみえているセラピストからの施注部位や単位の要望や意見が本当に大切であることがわかりました。

まだまだ勉強不足ですが、それぞれの症例に対して、ボツリヌス手帳などで振り返り何がよかったのか?、次の目標に対してどのくらいが最適なのか確認していきたいと感じます。

次回は『ボツリヌス療法と装具療法』がテーマということで義肢装具士さんとの連携も是非とも楽しみです。