診療方針

院長 写真

らいおんハート整形外科リハビリクリニック院長 加藤 寿嘉(かとう ひさよし)

院長略歴

新潟大学医学部附属病院整形外科、同院リハビリテーション部を経て
現在、らいおんハート整形外科リハビリクリニック院長

自己治癒力を高める自然療法も取り入れ、あきらめない治療を目指しています。

らいおんハート整形外科リハビリクリニック 4つの基本

ひとりひとりに合った治療
人はみな体質や環境が違い、病気や症状の原因も様々ですから、どのような治療が合っているかは各人で異なります。現代では身体の部分だけをみて、画一的な治療がなされがちですが、当院ではひとりひとりの全体像を診ることにより最適な治療を提供します。

安全かつ効果的な治療
漢方やリハビリなど体にやさしくかつ自然治癒力を引き出す治療を優先し、一般的な薬や注射においても安全で効果の高いものから使用していきます。

治りにくい症状を改善させる多面的アプローチ
治療効果の高い独自のリハビリ(MPF療法)や、適切な漢方薬による治療、各種の代替療法などを組み合わせることにより、一般的な医療では得にくい効果を上げていきます。ぞれそれの療法の特徴を生かして、一般的には病気とみなされない症状から、なかなか良くならない病気まで幅広く治療に当たります。

患者様のニーズに応える医療
以上のような方針に則りながらも、病状や治療をわかりやすく説明し、患者様の希望を尊重した上で、適切な医療を提供します。

らいおんハート整形外科リハビリクリニック 名前の由来なぜらいおんなのか?それは医療の王道を進もうという思いで名付けられたのです