MPF療法と運動療法のコラボレーション

前回はReogoーJとボツリヌス療法,川平法の組み合わせについてお話ししましたが,当クリニックでは他にも,治療の組み合わせで患者様の目標が達成できるよう日々努力させて頂いております.

今回は,3Fリハビリ室内で日々行われているMPF療法と運動療法の組み合わせについてお話しさせて頂きます.

MPF療法とは,痛みの原因となる血液循環が悪くなっている筋肉に対して,個々に合わせた適切な刺激を入れ,症状の改善を図っていく治療法です.治療後は,痛みが軽減したり,筋肉の柔軟性が良くなるわけですが,痛みや筋肉の固さを作った原因が改善されなければ,再発することもあります.(関節の動きの悪さ,姿勢の悪さ,筋力の低下など)

そこで大切になってくるのが,運動療法になります.ストレッチや関節運動で身体の動きを良くしたり,筋力トレーニングで身体の支えを強くし,姿勢を改善するなど,痛みや固さが再発しないような身体を作っていきます.

最初はセラピストの手助けや指示で行っていきますが,徐々に自主的にできるよう方向付けをしていきます.日常生活の中で運動習慣が無い方や運動が苦手な方には,個人個人の生活動作の中での工夫や分かりやすい身体の動かし方もお伝えしています.

また,各位曜日ごとに運動教室も開催しておりますので,興味のある方は是非参加してみてください!