トレーニング指導 1.12,19

こんばんは!メディカルスポーツ部門の中村です。

市川昴高校硬式野球部のトレーニングも4回目になりました!

メニューとしては、大まかに6種類に分けたサーキットトレーニングの後、全体でトレーニングを行っています。

サーキットメニューでは、可動域トレーニングや動的ストレッチ、スイッチトレーニングなどを取り入れています。それらに加え、判断力という部分に重きを置いたトレーニングにも取り組んでいます。ボールを目で追う力、瞬時に判断して身体を動かす力などを身につけていくことが目的です!ケガしないためには、勝つためにはといったことを考え、取り組んでいます!選手たちもメニューに慣れてきており、データを基に導き出した各自の課題をしっかり持って取り組んでいる様子です。

全体トレーニングでは、当院理学療法士の今井がメニューを考案した体幹トレーニングを中心に行っています。

第3回目には実際に今井PTが直接指導を行い、ポイントやフォームなどを確認しながら行いました。選手たちにとって、このメニューはとても辛いようですが、めげることなく精一杯取り組んでいました。

第4回目には、当院にて運動指導を行っており、トレーナーとしても活動されている山崎さんにお越しいただき、トレーニングの指導を行っていただきました!これもまた野球とは違った視点からのアプローチであり、やったことのないトレーニングでしたので、楽しく行いながらも、しっかり効いていたようでした!中でも跳び箱を使ったメニューは全く新しい視点で、こちらも参考になりました!!

今後もいろいろな視点からアプローチしていければなと感じました!

トレーニングを通じて、選手たちがケガなくプレーし、勝てる力を身につけられるように頑張っていきたいと思います!

 

メディカルスポーツ部門 理学療法士 中村勇人