「あさがお」に挑戦してくださった方の訪問リハビリへ

こんにちは!
「訪問リハビリ」部門、広報担当の戸室と深見です^^

 

本日、先週紹介させていただいた「あさがお」に挑戦してくださった方の訪問リハビリに行ってまいりました。

(あさがおとは?と思った方は是非10月28日の訪問ブログの記事をご覧ください^^)

 

実はブログに載せさせて頂いた事を説明し、そして、あさがお以外の作品も載せさせていただけないか交渉することに・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「いいですよ^^」

 

作品を公開することを許可してくださいました^^
(作品は次回!こちらのブログでご紹介させていただきます!!)

 

あさがおのこの方、ご自身の作品だけでなく、リハビリの様子も写真に撮らせて頂きたいのですが・・・・・・と、図々しくもお願いをしまして(笑)、今回、記事を書かさせていただいております。

あさがおのこの方のリハビリの1つとして「伝達訓練」というものを行っております。

伝達訓練とは、一言で説明すると、ことばを相手に伝達する訓練です。

 

脳卒中の影響で、ことばが言いにくくなったり、呂律がまわらなかったり、相手に聞き取りにくくなるような発話になってしまうことがあります。

 

伝達訓練なので方法は色々ありますが、あさがおのこの方は、奥様に伝達する方法で行っております。

 

いつもは私が隣に座って、対面にいらっしゃる奥様に伝達するのですが、今回はカメラマンとして参加させていただいているので、御本人様と奥様のご様子をパチリ★

その様子がこちら↓

houmon1028_01

(お顔はお花で隠させて頂きました(笑)

houmon1028_02

 

訪問リハビリは、ご自宅でリハビリをするので病院でのリハビリとはまた違った雰囲気などが写真から伝わってくるでしょうか^^?

houmon1028_03

プリントはこういったものを使用しています。

これは事前に宿題としてお渡しし、カッコの中に絵の名前を埋めていただいて、リハビリの時間に伝達訓練をするという流れになっております。

ことばを思い出す訓練や、字を書く訓練も兼ねてこのプリントを使用しております。

 

ことばが伝わりにくい時にはジェスチャーを使用して伝えようとされたり、ことばを変えて工夫をされて伝達してくださることもあります。

 

なにより伝わるまで何度も何度も挑戦して下さる姿は、ことばを伝えたい!リハビリを頑張りたい!というこの方のお気持ちがひしひしと伝わってまいります。

 

次回はこの方の作品をご紹介させていただいます^^

 

是非お楽しみにしていてください!