声で伝えてくれた!

こんにちは!

「訪問リハビリ」部門、広報担当の戸室深見です!(^^)!

 

 

蝉の声が響く中、時間帯によってはコオロギの声も聞こえ始め、

秋を少しずつ感じられるようになってきましたね^^

 

猛暑も落ち着いてきて皆さまも過ごしやすくなってきたのではないでしょうか?

 

 

訪問部門も随分移動がしやすくなりました。(笑)

 

 

本日のブログですが、本日のリハビリで私がとっても嬉しかったことをご紹介させてください!!

 

 

訪問リハビリを始めてから全体的な身体の疲労や発声のしにくさからあまり声を積極的に出されない方がいらっしゃいます。

 

「声を出すのはしんどい」とよくおっしゃられているのです。

 

 

その方のために「声で伝えたい!」と思ってもらえるには何が良いかな、と考えた時に

思いついたのが、その方が病前、音楽が好きだったことを思い出し、本日のリハビリの初めに好きだった音楽を流してみよう!と考えました。

 

その方が笑顔や元気になって、感想を聞けたらいいなぁ。。と思ったのです。

 

オーケストラやジャズバンドが好きだったとのことで、好きな曲名を伺い、某サイトにて動画を検索・・・・・・

 

 

ヒットしたものを利用者様とご家族様と一緒に拝見しました。

 

ご家族様はとても懐かしかったようで手でリズムをカウントされながら楽しまれていました^^

ご利用者様は真剣に動画を見ておりましたが、笑顔まではいかずとも、少し表情が柔らかくなったような印象がありました♪

 

その後は、いつもに増してリハビリのプログラムに取り組んでくださったな~、最初の音楽が良かったかな~^^?と思いながら帰宅しようと玄関先で挨拶をすると、

 

 

「今日は楽しかった!」

 

 

利用者様の声が聞こえたのです。

 

 

「声を出すのはしんどいね」と言っていた利用者様ですが、きっと楽しかったことを伝えたいと思って下さったのかなと思うと、、、、とっても嬉しかったです。

(嬉しくて目頭がジーンと熱くなりました;_;)

 

音楽を流して良かったーーーーー!!!と玄関を出た後に心の中で叫んだほどです。

 

 

それと同時に、利用者様の1週間の楽しみになったり、リハビリのモチベーションになればより良いなとも感じています。

 

 

利用者様の身体機能、言語機能が改善・向上していくのも嬉しい事ですし、これに加えて、機能以外の変化を感じられるもの嬉しいですし、セラピストとしてやっていて良かったな、と思える瞬間でもあります!

 

*現代社会においてスーマートフォンの発展にも感謝しています!!(笑)

 

訪問ブログというよりは自分の嬉しかったことの報告になってしまいましたが、読んで下さりありがとうございました!

 

それでは次回の訪問ブログもお楽しみに☆