退院後の運動リハビリ(一例)をご紹介

こんばんは!

「訪問リハビリ」部門、広報担当の戸室深見です!(^^)!

 

だんだんと雨の日が増え、まさに梅雨・・・という季節を

感じられる今日この頃ですが、皆様体調崩されてはいないでしょうか??

 

 

「なんだか今年は紫陽花の色づくのが早いねえ」

「今年は葉っぱの伸びが良いわねえ」といった声が

訪問先では良く聞かれています(*^_^*)

 

 

そんな今日も訪問先で運動リハビリをして参りました!

今回は、退院されたばかりで訪問リハビリを再開した方の

リハビリの様子をご紹介いたします。

 

 

この方は以前、部屋の中で一人で寝返りや起き上がり、立ち上がりといった

基本動作が行えて、誰かと一緒にならシルバーカーを押して歩けていました。

しかし、体調を崩してからしばらく入院され、

退院してからリハビリ再開となったのですが現在は筋力低下によって

寝返りや起き上がりが一人では難しいといった訴えがありました。

 

 

そこで、今回は筋力・体力をつけて以前の様に一人でも動作が行える様になろうと

お話しをしてリハビリを開始しました。

 

まずは、身体の状態チェックから。

血圧や脈拍などを測り、睡眠状態や食事をきちんと取れているか確認します。

 

その後、身体がどの位動くか(関節の可動域)、

筋力はどの位あるのかなど評価し確認してから、

筋力強化訓練や、関節可動域訓練、基本動作訓練を開始しました。

 

関節可動域訓練や筋力強化訓練では

腕や足、お尻など全身を動かしていきました。

この方は「久しぶりに身体を動かすから大変だ」と、仰っていましたが

だんだんと繰り返し運動していく事で、以前の様に身体を動かせていました(^^)

 

 

そして、基本動作訓練として寝返りや起き上がりの訓練を行いました。

ベッド脇の手すりにつかまりながら、寝返り、そこから起き上がり座る練習です。

寝返りまではお一人でも手すりにつかまれば可能でしたが

起き上がりの際は「まだ力が足りていない!!」と言いながらも

少しづつ練習していきました。

 

 

「本当に前みたいに戻れるのかしら・・・」と、不安げな表情を浮かべていましたが

「まずは寝返りや起き上がりから、やっていきましょう!!」とお伝えし

少しづつ一緒に身体の状態を以前のように戻していこうとお話ししました(・o・)

 

 

また、以前のように一人で身体を動かすことができ、安心して生活を送ることが

出来るように、私たちもサポートさせて頂きます!!!

 

 

それでは、次回の訪問ブログもお楽しみに♪