第15回日本市民安全学会 秩父大会

11月25日(土) 秩父宮記念市民会館にて第15回日本市民安全学会が行われました。テ-マは【セーフコミュニティ[SC]で『つながる』『はぐくむ』『とどける』安全・安心のかたち】でした。当院の統括部長松岡が話題提供にて『どうはぐくむ高齢者の健康と安全・安心~作業療法士としての創意工夫~』 講演させていただきました。

異業種の方にお話させていただく機会は大変貴重であり、そして元警察の方々からスマホによる犯罪の手口やいじめの問題、怪我(外傷)に関しての研究など盛りだくさんの内容で自分の身や家族、知り合いの安全を守る上で大変勉強になりました。

今後とも多種多用な職種の方とふれあい、議論しながら作業療法(生活療法)を広げ、深めていきたいと感じました。