当医療法人の特徴

医療法人社団緑友会の魅力

当法人はリハビリテーションに関わる医療スタッフ(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師等)で構成された仲間が中心となり立ち上げた医療法人です。患者さん利用者さんとこれら医療スタッフが、医療と介護の分野で医師や看護師を交え主体的にリハビリしていくような形がユニークであり、大きな特色だと考えています。それぞれ現場のスタッフが自分たちの専門的な分野で患者さんの為になるように腕を磨いているところが非常に伝わってくる、そして患者さんと一緒に作り上げてきた医療法人であると感じています。

医療法人社団緑友会 理事長 三木 猛生

医療法人社団緑友会 理事長 三木 猛生

リハビリテーションの医学は、その適応範囲が広いにも関わらず、まだ新しく比較的歴史の浅い分野であります。これまで蓄積されてきた評価手法から、さあ治療へというところにあり、もっと理学療法士や作業療法士、言語聴覚士らが医師と一体になって治療面に力を注ぐ必要性を感じ、まだまだ研鑽発展の余地がある分野であるとも考えています。そういった中で、当法人は多職種医療スタッフ間での連携がとりやすく各々の特性を総合的に患者さん個々に合ったリハビリに結びつけやすい環境になっているのではないかと感じています。

医療と介護との連携について

普段の診療で感じていることがあります。それはリハビリテーション医学の発展性と医療と介護の連携強化の必要性です。

介護イメージ2025年問題に向かって日本の高齢化社会はピークを迎えます。国が進めている医療介護の包括ケア制度そして、医療と介護の連携。どのように医療から介護へ患者さんが安心できるように移していくのか。急性期から回復期、維持期・生活期というように医療保険サービスから介護保険制度サービスへの円滑な移行と、再度入院する事態にならないように予防が大切になってきます。私も病院にいる時にはなかなか介護保険の制度が見えなかった事もありましたが、リハビリマネジメント会議を通して、どういう人たちが利用者さん患者さんに関係しているのか、ケアマネージャーさんを筆頭に、理学療法士、医師はもちろん、家族や介護スタッフ、ヘルパーさんなど多くの人たちが、いろいろな想いで関わっていることがわかるようになりました。また同時にこれまでの介護は医療とは接点が薄いことも分かりました。確かに国が進めるようにもっと地域での医療と介護がスムーズに連携できれば、地域の皆さんが安心して人生の最後まで暮らしていける社会が構築できると考えます。我々法人、グループが関与している医療と介護を“架け橋”としてこれからも地域に必要な存在でありたいと思っています。

共に成長する喜び

共に成長する喜び最後になりますが、私は一生懸命頑張っている人を助けたいと思っています。そういう人たちを支援し応援するのが好きなんです。喜んでもらえるのが楽しいんです!それは、患者さんはもちろん、この法人、グループで働くスタッフ皆さんを支え応援していきたいです。なぜなら、職員が楽しく仕事が出来ているからこそ、患者さんが良くなると考えているからです。職員が嫌な顔をしているところに患者さんは来たいと思わないとでしょう? 職員が心から楽しく仕事できてこそ、良い治療、良い介護が出来る、最終的に患者さんに喜んでもらうためには、私はスタッフを応援したいんです。当グループは役員幹部が本質の話題で議論をします。患者さんやスタッフに喜んでもらうことを本気で議論するグループです。

本当に必要なことには必要な時間を割き、人財を注ぎます。目の前の患者さん利用者さんにいいと思うことは即実行し協力し合う、そしてそこには上司や部下の区別なく本当に利用者さん患者さんに喜んでもらうことを真剣に考え意見しあう社風が当法人の魅力です。それが職種にこだわらないコミュニケーションを生みだし、現場の風通しが良くなる秘訣だと思っています。まだまだ法人としては発展途上の段階です。これからさらに患者さん利用者さんスタッフを思う想いを浸透させ形にしていくことを一緒に考え実行していきたいと思います。最後になりますが、我々らいおんグループはこれまで以上に利用者さん患者さんと我々スタッフが共にもっと良くなり成長する喜びを感じながら地域医療介護の一端を担っていきたいと考えています。

 

医療法人社団緑友会 理事長 三木 猛生